商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

About

私たちはビジネスで貧困問題に取り組んでいます。

具体的にはどんな環境にいる人でも参加できるマーケット(市場)をつくることを目指しています。

例えば、かわいい絵を描ける子どもがフィリピンのスラムには住んでいます。この状態では、ただの絵がうまい子、で終わってしまいます。

そこでempopoは現地に出向き、その子どもの世話をしている現地の支援団体と協力して、その絵をデザインに取り込んだ商品を製作し、日本で販売、その売上の一部をその支援団体に届けています。つまりその子どもが楽しみながら描いた絵が、結果として自分たちの学ぶチャンスや生活向上を助けるという仕組みです。

これが実際empopoが手掛けているBOPデザインプロジェクトです。どんな子でもこの仕組みなら市場に(間接的に)参加することが可能になります。

また、例えば、フィリピンの貧しい地区に優れた縫製技術をもつ母親たちがいます。ローカルで売っていただけでは、そのマーケット規模ゆえに十分な所得を得ることが難しいわけです。

そこで、empopoは彼女たちと一緒にempopoオリジナル商品(バッグやポーチなど)を企画・製作し、日本で販売しています。

こうして、empopoを通して彼女たちは自分たちの商品を日本の市場で販売することが可能になります。

empopoは、現在、フィリピンでのモノづくりを手掛けていますが、今後はその活動に限定することなく途上国の人たちの才能・技術と日本の方々のニーズを結びつけ、もっと多くの途上国の人たちが参加できるマーケットを作り出していきたいと考えています。

empopoの活動や商品についてご興味を持たれた方は、以下のブログもあわせてご覧ください。
ブログ empopo.hatenablog.com

★代表プロフィール★
上村 悠己(うえむら ゆうき)
1976年生まれ
東京大学卒業後、米系およびカナダ系証券会社に計12年勤務したのち、マザーハウス、グラミン銀行およびその系列会社(バングラデシュ)でのインターンを経て、フィリピンでパートナー先を開拓。帰国後、empopoを設立(2014年)。